ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』ロケ地を歩こう。

ドラマHOPE

Hey!Say!JUMPの中島裕翔さんが主演のドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』。

ドラマをみた視聴者からは中島裕翔の演技に好評な意見が多いのだが、その努力もむなしく視聴率は爆死状態。

やっぱ吉田羊さんとの熱愛報道の噂が少なからず視聴率に影響したのかなって個人的には思ってます(笑)

ちなみに僕は毎週日曜日の見てますけど、このドラマ面白いですよ。特に中島さんと同じジャニーズ事務所の桐山照史さん演じる人見将吾が良い味だしてますよね(笑)

多分、この桐山照史さんはこのドラマを機に今後、色々と出演してくるのではなかろうか!?と思いますね。

少し話が本題と脱線しましたが、ここからはドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」の舞台となったロケ地を紹介しようと思います。

《目次》
HOPE~期待ゼロの新入社員~の舞台となったロケ地を歩こう。
HOPE~期待ゼロの新入社員~ってどんなドラマ《あらすじ》
HOPE~期待ゼロの新入社員~登場人物(キャスト)紹介

HOPE~期待ゼロの新入社員~の舞台となったロケ地を歩こう。

営業3課の3人がよく飲んでいる居酒屋のロケ地は四ツ谷だった

四ツ谷_ひもの屋

一ノ瀬歩(中島裕翔)が所属する営業3課の3人が夜の作戦会議場!?として、よく利用している居酒屋の舞台となったロケ地は東京都新宿区四谷3丁目にある四谷津之守坂入口のひもの屋でした。

基本情報

名称 四谷津之守坂入口のひもの屋
住所 東京都新宿区四谷3丁目
公式HP 四谷津之守坂入口のひもの屋(ぐるなびHP)
最寄駅 四ツ谷駅

一ノ瀬歩、桐明真司、人見将吾、香月あかねが同期会をするレストランはどこ!?

同期会

ドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」で一ノ瀬歩、桐明真司、人見将吾、香月あかね達が同期会を頻繁に行っている舞台となった、このお洒落なレストランの舞台となったロケ地は東京都港区六本木にあるASADOR EL CIELO (アサドールエルシエロ)でした。

ここASADOR EL CIELO (アサドールエルシエロ)は六本木駅から徒歩1分とアクセスも最高の場所なので、一ノ瀬歩、桐明真司、人見将吾、香月あかね達が訪れている場所で同じように同期会!?をするのも楽しいかもしれませんね(笑)

asador-el-cielo

基本情報

名称 ASADOR EL CIELO(アサドールエルシエロ)
住所 〒106-0032 東京都港区 六本木4丁目8-5 和幸ビルB1
営業時間 本日営業 · 11時30分~14時30分, 17時30分~3時00分
公式HP 公式HP ASADOR EL CIELO《食べログ》
最寄駅 六本木

一ノ瀬歩(中島裕翔)がバイトをしていた居酒屋の舞台となったロケ地は!?

もつ副赤坂店

ドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」の1話・2話で主人公・一ノ瀬歩(中島裕翔)がバイトをしていたお店のロケ地となったのが、東京都港区にある「もつ福赤坂店」でした。

これからの寒い季節の時期にもつ鍋は最高ですので、1度、一ノ瀬歩(中島裕翔)が働いていたお店に行ってみるのも良いですよね。

基本情報

名称 もつ福赤坂店
住所 東京都港区赤坂6−4−17
HP もつ福赤坂店《ぐるなび》
最寄駅 赤坂駅

HOPE~期待ゼロの新入社員~ってどんなドラマ《あらすじ》

韓国で放送されたドラマ『ミセン‐未生‐』を日本版にリメイクした作品。

イジメ・セクハラ・社内不正などといった問題に葛藤しながら、ひたむきに働く人々を描いたニューマンドラマ。

主演はHey! Say! JUMPの中島裕翔で同期の同僚役に、瀬戸康史、山本美月、桐山照史が出演。

HOPE~期待ゼロの新入社員~登場人物(キャスト)紹介

一ノ瀬歩・・・中島裕翔
本作の主人公。
もともとは囲碁のプロ棋士を目指して囲碁に打ち込んできた。
しかし試験に受かることなく年齢制限を迎え、ひょんなことから総合商社でインターンシップとして働くこととなる。

織田勇仁・・・遠藤憲一
一ノ瀬が働く営業3課の課長。
仕事は優秀で部下を大切にする理想の上司。
一方で上司に媚びない性格が災いし、同期より出世は遅れている。
一ノ瀬のことも大切なチームの一員として徐々に受け入れていく。

桐明真司・・・瀬戸康史
一ノ瀬の同期の一人でライバル。
学歴も一流で、プライドの高いエリート。
採用後は鉄鋼2課に配属されるが、単調な作業に嫌気が差す。
地道だが着実に力をつけていく一ノ瀬を見て、入社までの自分の努力が無駄だったかのような思いを抱く。

香月あかね・・・山本美月
一ノ瀬の唯一の女性同期のヒロイン。
とても優秀で会社随一の美しさを持つが、謙虚で誰にでも公平に接する。
しかし、それが仇となり、男性社員からセクハラやパワハラを受けることに。
男性社会での闘い方を必死に見つけようともがいていく。

人見将吾・・・桐山照史
一ノ瀬の同期の一人。
同期のムードメーカ的存在で、お調子者。
社内屈指の情報通でもある。
配属先の上司が「手柄は自分のもの、失敗は部下のもの」という考え方で、徐々に怒りを募らせる。

安芸公介・・・山内圭哉
一ノ瀬の先輩社員、営業3課の主任。
呆れるほどのお人好しで、一ノ瀬の良き理解者でもある。
昔、会社でイジメにあっていたのを織田に助けられ、それ以後必死に彼を支えている。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*