『神の舌を持つ男』舞台となった温泉宿や秘湯のロケ地を歩こう。

神の舌を持つ男_TOP

毎回毎回ヘンなキャラ!?をぶっこんでくるコントみたいな温泉ミステリードラマがネットのファンから「面白い」「ドリフみたい」だと支持を受けてる。木村文乃向井理のダブル主演ドラマ『神の舌を持つ男』。

「2サスの掟(お約束)」を真面目に茶化しながらも、意外にも事件そのものはオーソドックスなところも、この温泉ミステリードラマの魅力の1つ。

そんな『神の舌を持つ男』のロケ地が、どんな日本の秘湯で撮影が行われたかを紹介したいと思います。

≪第1話≫ロケ地となった湯西川温泉上屋敷はどこ?

湯西川温泉_上屋敷平の高房

蘭丸(向井理)達の車がガス欠に陥りガソリン代を調達すべくバイトと称して一泊することになった温泉宿『湯西川温泉上屋敷』のロケ地は栃木県にある「湯西川温泉 上屋敷 平の高房(たいらのたかふさ)」でした。

この湯西川温泉の水質は、弱アルカリ性で、美肌と疲労回復に効能があるようです。

その無色で透明の温泉はつるつるしており、その水を触った人達の間では肌がすべすべになったなどと、その水質の良さを実感している人達も多くいるそうです。

また温泉だけではなく、囲炉裏焼きも有名だそうなので、時間と資金に余裕があれば是非、1度は行ってみたい温泉ですね(笑)

基本情報

名称 湯西川温泉 上屋敷 平の高房
住所 栃木県日光市湯西川 1483
アクセス 湯西川温泉駅よりバスに乗車
公式HP 湯西川温泉 上屋敷 平の高房

≪第2話≫鐵友温泉や南出田楼(てつともおんせんや、なんでだろう)の舞台となったロケ地は何県?

陣馬の湯_姫谷

神の舌を持つ男第2話の舞台で、山村紅葉演じる順子と徳井優演じる順吉が2人で切り盛りする温泉宿『鐵友温泉や南出田楼(てつともおんせんや、なんでだろう)』の舞台となった温泉旅館のロケ地は神奈川県にある秘湯『陣谷温泉(陣馬の湯)姫谷』でした。

≪神奈川県≫陣谷温泉(陣馬の湯)姫谷と言えば

この姫谷と言えば鉱泉使用した浴場ある旅館で日帰り入浴も可能だということで、ドライブがてらに寄って行く若者や年配の方たちが多いそうです。

また東京近郊とは思えない程の大自然の中にある自慢の露天風呂や岩風呂も姫谷の魅力の1つです。

泉質はナトリウムカルシウム鉱泉で、リウマチ、神経痛、湿疹、皮膚病、腰痛、肩コリ、疲労回復、冷え性、うち身に効果・効能があると言われてます。

名称 陣馬の湯「姫谷」
住所 神奈川県相模原市緑区澤井1848-1
アクセス 中央自動車道 相模湖ICより15分

≪第3話≫の舞台となったロケ地『ホテルまんげつ伊豆』はどこ?

伊東園ホテル熱川

ドラマ「神の舌を持つ男」の第3話で、森脇英里子が演じる裕子が女将を務める、ホテルまんげつ伊豆の舞台となったロケ地は静岡県にある『伊東園ホテル熱川』でした。

伊東園ホテル熱川と言えば

この温泉の魅力はドラマでも登場した様に、温泉がホテルの最上階にあるということです。温泉に浸かりながら満点の夜空をみるのもロマンチックな感じで粋ですね(笑)

基本情報

名称 伊東園ホテル熱川
住所 静岡県賀茂郡伊豆町奈良本1267-2
公式HP 伊東園ホテル熱川ホームページ
アクセス 伊豆熱川駅より徒歩15分

《第4話・5話》の舞台となったロケ地『毛増村の「波外ノ湯」』はどこ?

4話_5話_富士遊湯の郷_大野路

ドラマ「神の舌を持つ男」の第4話(全編)5話(後編)と2回に分けての構成になっており、この物語から蘭丸(向井理)達が追いかけている謎の女芸者ミヤビの正体が明らかになりましたね。

ちなみに謎の芸者・雅を演じているのが広末涼子さんでした。

相変わらず昔から可愛いですね(笑)

さて今回の舞台となった毛増村の「波外ノ湯」のロケ地は静岡県裾野市にある富士遊湯の郷「大野路」でした。

富士遊湯の郷「大野路」といえば

日本の山の最高峰・富士山を真正面に見据えならが浸かる絶景展望露天風呂が観光客から人気なのは勿論、食事も評判が良いです。

ここの名物となっている「ほろほろ鳥」「阿波尾鶏」や「だちょう」「鴨」「にわとり」などの色々な鳥肉の食べ比べは、観光客などに凄く評判で、特に名物の「ほろほろ鳥」「阿波尾鶏」の肉は鶏肉独特のくせがなく本当に美味しいとことです。

鶏肉食べくらべ

写真を見るからに美味しそうですね(笑)

「ほろほろ鳥」「阿波尾鶏」を僕は食べたことがありませんが皆さんはありますか?あれば感想をコメントに書いてもらえると嬉しいです。

基本情報

名称 富士遊湯の郷 大野路
住所 静岡県裾野市須山2934-3
アクセス 富士岡駅より車で20分
公式HP 富士遊湯の郷 大野路ホームページ

《第6話》大山温泉・共同無料混浴温泉のロケ地はどこ?

ドラマ「神の舌を持つ男」第6話では蘭丸が雅(広末涼子)の携帯番号を遂に手にいれましたね。その雅の携帯番号を手に入れる、きっかけとなった事件が起きた場所が大山温泉・共同無料混浴温泉でしたよね(笑)

残念ながら、こちらのロケ地情報がまだ分かってません。判明次第追記していきます。また情報を持ってる方がいましたら、コメントに残してくれると助かります<(_ _)>

《第7話・8話》ロケ地の温泉はどこ?ホテル名もチェック

神の舌を持つ男7話

第7話・8話のドラマ『神の舌を持つ男』の舞台となったロケ地は温泉街として全国的に有名な草津温泉の草津スカイランドホテルでした。

草津温泉といえば、僕だけに限らず、多くの人が「一度は行ってみたい温泉」または「もう一度行ってみたい温泉」だと個人的に思います。向井さんや木村さんを始め、出演者の方々が羨ましいです(笑)

ちなみにドラマで登場した草津スカイランドホテルは、草津の温泉街から少し離れた森の中にある静かで落ち着いたホテルだそうです。

いわゆる高級ホテルってやつですかね。気になる宿泊値段も安くて、一泊23000~24000円ぐらいだそうです。

親孝行のプレゼントとして紹介すると僕の両親も泣いて喜ぶと思うのですが、先立つものが、無いものでして・・・(30過ぎても親不幸でゴメンナサイ。数年以内には招待します(;^ω^))

基本情報

名称 草津スカイランドホテル
住所 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津530-3
公式HP 草津スカイランドホテル

『神の舌を持つ男』ってどんなドラマ

向井理演じる絶対舌感を持つ男、朝永蘭丸が甕棺墓光(木村文乃)、宮沢寛治(佐藤二朗)と一台のワゴンに乗り、運命の女性ミヤビを追い求め、各地の温泉を巡りながら、様々な殺人事件を蘭丸の絶対舌感(神の舌)で解決していくコミカルミステリー。

『神の舌を持つ男』登場人物(キャスト)紹介

朝永蘭丸・・・向井理
本作の主人公。
甕棺墓光、宮沢寛治とともに謎の女芸者「ミヤビ」を探す旅に出る。
また、舌にのせたものを完全に分析する神の舌の持ち主。
全国の温泉地で起こる数々の事件を次々と解決していく。

甕棺墓光・・・木村文乃
本作のヒロイン。
朝永蘭丸とともに謎の女芸者「ミヤビ」を探す旅に出る紅一点。
2時間サスペンスドラマが大好きなウザカワ女子。

宮沢寛治・・・佐藤二朗
朝永蘭丸とともに謎の女芸者「ミヤビ」を探す旅に出る3人のうちの1人。
いつも暴走しがちな朝永蘭丸と甕棺墓光を鋭いツッコミでたしなめるしっかり者。

朝永平助・・・火野正平
蘭丸の祖父。
大津のヘースケ」と呼ばれる異名を持つ伝説の三助。

朝永竜助・・・宅麻 伸
蘭丸の父。
京都大学薬学部の教授。

ミヤビ・・・広末涼子
蘭丸が恋焦がれる謎多き温泉芸者。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*